MENU

生産日が古いジャニーズグッズ

生産日がかなり過去に遡る古いジャニーズグッズは、ものによって査定が大きく変わります。

年代が古いジャニーズグッズは嵐やキスマイのグッズと比べると需要は落ちますから、査定額がそれほど伸びないことはよくあることです。

それどころかジャスティのように何でも買取するというスタンスの買取業者でないと、買取不可と判断される可能性もあります。

しかしその反面、希少価値が非常に高いなかなか手に入らないジャニーズグッズであれば、意外な高価買取価格を付けてもらえることもあります。

生産日が古いジャニーズグッズは市場で出回っている数がかなり少なく、ジャニーズグッズ買取業者も仕入れる機会はなかなかありません。

絶対数が少ないために価格が高騰するのはよくある話ですが、ジャニーズグッズの中にもそういうお宝グッズはよくあります。

どの程度の年代のジャニーズグッズが生産日が古いと判断されて、高額買取の可能性が出てくるのかは以下を参考にしてみてください。



  • 男闘呼組 (1988年〜) 成田昭次  前田耕陽  高橋一也  岡本健一
  • 光GENJI (1987年〜) 内海光司 大沢樹生 諸星和己 佐藤寛之 山本淳一 赤坂晃 佐藤敦啓
  • 少年隊 (1985年〜) 錦織一清  植草克秀  東山紀之
  • シブがき隊(1982年〜) 布川敏和  本木雅弘  薬丸裕英
  • たのきんトリオ(1980年〜) 田原俊彦  近藤真彦  野村義男



上記にあげるジャニーズグループはあくまでも一部で、その他にも1980年代〜1990年代に活躍したジャニーズグループやタレントはたくさんいます。

中でも人気が高いジャニーズグッズは少年隊、シブがき隊、そしてたのきんトリオの近藤真彦さんのグッズでしょう。

この3つのグループのジャニーズグッズはどれも生産日の古いジャニーズグッズばかりで、状態が良ければかなりの高額買取になることがあります。

ただし古ければ高額で買取してもらえるということはなく、需要が多くはない分当時人気だったジャニーズグッズでないと高い査定は付けてもらえません。

またそのようなジャニーズグッズであっても、状態が良いものでないと高額では買取してもらえませんので気をつけましょう。

ジャニーズグッズによっては高額どころか古いことを理由に安く買取されるものももちろんあります。

ちなみに余談ですが、ジャニーズ事務所から初めてメジャーデビューしたグループの名前は、"ジャニーズ"といいます。

ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川さんが所属していた野球チームの少年4人で結成されたグループになります。

ジャニーズのデビューは1964年になりますから、ジャニーズグッズが残っていれば実に50年以上モノになります!

これはかなり古いお宝ジャニーズグッズになるので、保管しているようであれば是非一度買取査定に出してみるといいでしょう。